Original

ホームページ作成方法の4パターン!メリット・デメリットをまとめてみた

ホームページを作成する際に多くの方は「どんなホームページにしようかな?」と考えますが、それと同時に「どうやって作ろうかな?」と作成方法でも迷ってしまいます。
はじめてホームページを作成する方であれば、どんな選択肢があるのか知っておきたいところでしょう。

今回はホームページを作成方法を4つのパターンでご紹介します。
これからホームページを作成される予定の方は、本記事を参考に最適な方法を探してみてください。


目次

  1. ホームページ作成方法には4パターンある
  2. 費用がかけられるなら制作会社
  3. 低予算で制作を依頼したいならクラウドソーシング
  4. Webのスキルを身に付けたいならHTMLとCSS
  5. なるべく費用をかけずに簡単に作りたいならCMS

ホームページ作成方法には4パターンある

“ホームページを作る”と言われると制作会社に依頼したり、何やら難しいソースコードを打ち込んで自作したりというイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
最近では簡単に使えるホームページ作成ツール(CMS)や、制作スキルを持った個人の方に仕事を依頼できるクラウドソーシングによって、新しい方法が選べるようになりました。

大きく分けると外注(制作を依頼する)か内製(自分で作る)かの2通りですが、さらに「どこへ依頼するか」「どうやって作るか」によって次の4パターンに分類されます。

・制作会社へ依頼する
・クラウドソーシングへ依頼する
・HTMLやCSSで作成する
・CMSで作成する

それぞれにメリット・デメリットがありますので、1つずつ解説していきましょう。

費用がかけられるなら制作会社

制作会社に依頼するメリットは何と言ってもプロならではの凝ったデザインページを作成することができる点でしょう。加えて基本的に制作を丸投げできるため、自社で時間や手間をかける必要がありません。予算をかけられるのであれば、制作会社に依頼してしまうのが最も効率が良いかもしれません。

しかし、何十万という制作費のほか、月額の管理費用や修正依頼をするために時間や費用が追加でかかってしまうことがデメリットです。また、制作会社によって制作費用や得意とするデザインが異なりますので、制作会社を選定する際にはその会社の評判や制作実績を調べてからお問い合わせをすることをオススメします。

メリット
・凝ったデザインやシステムを取り入れることができる
・自社で時間や手間をかける必要がない

デメリット
・制作費が必要
・ページの修正にあたって時間や追加費用がかかる

低予算で制作を依頼したいならクラウドソーシング

外部に依頼する点では制作会社と同じですが、クラウドソーシングでホームページ制作を依頼するという方法もあります。クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定の人に業務を委託することです。個人で仕事を請け負いたい人と、業務を委託したい人とをマッチングするクラウドソーシングのサイトも多数存在します。

有名なところでは「クラウドワークス」「ランサーズ」が挙げられますが、Webサイトごとにそれぞれ特色があるので、気になる方は調べてみると良いでしょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)https://crowdworks.jp/
ランサーズ https://www.lancers.jp/


▲ CrowdWorksには「Webサイト」というカテゴリが用意されている

こうしたサービスを利用することにより、制作スキルを持った個人にホームページを作成してもらうことができます。制作会社に依頼するよりも低予算で作成できたり、柔軟に対応してもらえたり、場合によっては好条件でホームページを手に入れることができます。しかしながら、エンジニア・クリエイターによってスキルや提示条件にバラつきがある点や、依頼にあたって制作イメージをすり合わせるディレクションスキルが必要とされる点は念頭に置いておきましょう。

メリット
・低予算でホームページを作成してもらえる
・個人のため融通が効く場合がある

デメリット
・依頼先の相手によりスキルや対応に個人差がある
・エンジニア・クリエイターのディレクションスキルが必要

Webのスキルを身に付けたいならHTMLとCSS

HTMLとCSSはそれぞれ次のような言葉の略です。

HTML:Hyper Text Markup Language
CSS:Cascading Style Sheets

HTMLはWebサイトのページを記述するための言語で、「タグ」と呼ばれる<>で囲まれたマーク付けによって文章の構造を表すものです。
一方、CSSはHTMLで構造化したページのレイアウト・デザインを指定するために使われます。


▲ ブラウザの「ページのソースを表示」機能でHTMLやCSSを確認することができる

ホームページを自作する場合、ひと昔前であれば“テキストエディタ”(「メモ帳」のようなテキストを編集できるツール)にHTMLやCSSを記述して作成する方法が一般的でした。

現在は簡単にホームページを作成できるソフトウェアがあるため、制作会社や「Webの技術について理解を深めたい」という学習目的の人を除けば、この方法でホームページを作る人は少なくなっています。

しかし、HTMLやCSSの知識を身につけることができれば独自デザインのページを作成でき、後述のCMSを利用する際にも技術を応用できるので基本的な知識を身につけておいて損はないでしょう。

メリット
・Webの技術について理解を深めることができる
・独自デザインのページを作成できる

デメリット
・技術の習得や理解に時間がかかる
・知識がないとちょっとした修正にも時間がかかる

なるべく費用をかけずに簡単に作りたいならCMS

近年、ホームページ作成にあたって利用する人が増えているのがCMS(Content Management System)です。CMSはホームページを簡単に作成・管理することができるソフトウェアです。HTMLやCSSといったWebの知識がなくてもページが作成できる点が魅力です。

サーバーにインストールするタイプ、インストールせずクラウド上で利用するタイプがあり、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでも・どこでもホームページを更新できます。

また「ホームページビルダー」「Dreamweaver」など、パソコンにインストールするタイプのソフトフェアもあり、その場合はソフトがインストールされたパソコンのみで編集する形になります。現在は「ホームページビルダー」「Dreamweaver」ともにクラウド上で操作できるバージョンを提供しています。

CMSは非常に便利なツールではありますが、機能でできることに限界があったり、凝ったデザインやレイアウトを作ろうとすると、カスタマイズのための知識が必要になったりという問題があります。

メリット
・HTMLやCSSの知識がいらない
・いつでも・どこでもホームページを更新することができる

デメリット
・CMSの機能によってできることに限界がある
・凝ったデザインのページを作るのが難しい

まとめ:ホームページ作成にあたっての優先順位を決めよう

いかがでしょうか?4パターンのホームページ作成方法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、「費用」「手間」「知識」「デザイン」といった部分でトレードオフの関係にあります。作成にあたっては、どのポイントを重視するべきかを決めた上で、最適な選択肢を選ぶことをオススメします。





佐藤 亮太(サトウ リョウタ)

佐藤 亮太(サトウ リョウタ)

マーケター / ライター これまで営業・コンサルタントとして5000社以上のWeb担当者の集客に関するお悩みに寄り添ってきました。 現在は ferret One、One Page、formrun という3つのプロダクトのマーケティングを担当しています。 自分の経験も踏まえつつ、 マーケターの方のためにお役立ち情報をお届けします。

無料ホームページ作成ツール「One Page」

One Page(ワンページ)は400種類以上のデザインとドラッグ&ドロップの簡単操作により、たった3ステップでホームページを作成することができるツールです。

◆One Pageの特徴
・自由に使える豊富なフォントや画像素材
・コンテンツを考える時間を削減する例文テンプレート
・海外向けのページも作成できる多言語対応機能
・お問い合わせ管理ができるフォーム機能
・初めての方でも安心のチュートリアル

無料から始めることができるので、集客用のページが必要だという方はぜひ一度ご利用ください!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014