Original

結婚式・パーティの招待状に!One Pageで“Web案内状”を作ってはいかが?

これから婚約パーティや結婚式の1.5次会、2次会を開催する予定の方。招待状の準備はお済みでしょうか。

連絡の手段(はがきや手紙、電話、LINE...)や案内の文面などを考えたり、参加者の人数を把握したり、準備にあたってコミュニケーションを取ったりと、大変なことが多いはず。

そんな手間や時間を削減してくれる方法が、Web案内状
​​​​​​​結婚の報告のほか、新郎新婦の自己紹介、イベントの時間・場所の告知などを1枚のページに集約して伝えることができます。作ったページはメールやSNSで送るだけ。参加者の管理も楽にできてしまします。

また、写真や動画、テキストを効果的に使うことで、Webならではの表現を加えることもできるので、手間をかけて凝った招待状を作りたいという方にもオススメです。

今回は、2週間前に結婚式を挙げたばかりの私、佐藤が簡単に結婚パーティのWeb案内状を作成する方法について解説します。

目次

  1. Web案内状にするメリット
  2. Web案内状を作るにあたっての疑問
  3. One Pageで案内状を作ってみよう
  4. 作った後どうすれば良い?

1. Web案内状にするメリット

あらためて、Web案内状を作成するメリットについて考えてみましょう。

メリット①:個性的な案内状を作れる

画像やフォント、デザインを自由に変えることで、ユニークな案内状を作成することができます。SNSやメールなど「テキストベースの連絡では何だか味気ない」と感じている方は、お二人の写真や動画を使いながら、招待客の期待を高めるような案内状に仕上げてみてはいかがでしょうか。

メリット②:無料で作れる・送れる

制作会社に依頼して、さらに凝ったデザインのものを作ることもできますが、自分たちで作る場合には費用がかかりません。また、SNSやメールに一言添えて案内状のURLを添付すれば、はがきや手紙のように送料も不要です。

メリット③:参加者の管理が簡単

連絡手段が多くなればなるほど、参加者の管理が煩雑になってしまいます。Aさんは手紙、Bさんは電話、CさんはLINE...というように、誰にどんな手段でコミュニケーションを取っていたのかが分からなくなってしまうこともあります。また、参加・不参加を表にまとめる手間もあるでしょう。Web案内状であれば、メールボックスやツールなどで一元管理できるので、そうした工数を削減することができます。


2. Web案内状を作るにあたっての疑問

続いて、案内状を作るにあたっての疑問についてお答えします。はじめてのページ作成で不安に感じることもあるかと思いますが、One Pageでは次のようにその不安を解消しています。

疑問点①:Webの知識がないと作れないのでは?

Webページを作成するためには、通常HTMLやCSSに関する知識が必要です。しかし、最近ではそうした知識・スキルがなくとも簡単にページが作成できるサービスがあるのでご安心ください。今回ご紹介するOne Pageもそうしたサービスの1つです。ただ、知識があればより表現に幅を持たせられるのは確かです。

疑問点②:時間や手間がかかるんじゃないの?

One Pageでは、テンプレートを選択し、パーツをドラック&ドロップではめ込むだけの簡単操作でページを作成できます。あらかじめツールの中に用意してある画像素材やテキストテンプレートを利用することで、さらにスピーディーにページが作れてしまいます。

3. One Pageで案内状を作ってみよう

それでは実際にOne Pageを使い、Web案内状を作成してみましょう。

STEP1:サービスに登録する


▲One Page(https://one-page.cloud/)

サービスサイトの右上の[新規登録]ボタンを押してください。

新規登録ページで「メールアドレス」、任意の「パスワード」、「興味のある分野」を入力の上、「利用規約」を確認して[無料で新規登録する]を押します。


すると、One Pageの管理画面が現れます。

はじめての方でページの操作方法を知りたい方はチュートリアルを見るのがオススメです。
チュートリアルの指示に従って、ページ作成の手順を覚えていきましょう。

STEP2:利用シーンを選択する

最初に利用シーンを選択します。「サービスの紹介をする」「会社のトップページを作る」「活動の紹介をする」「アンケートを行う」など目的に応じたシーンが用意されています。ここでは「イベントやセミナー参加者を募集する」を選んでおきましょう。

STEP3:テーマを選択する

20種類のテーマから、作りたいページのイメージにあったものを選びます。テーマにカーソルを当ててプレビューを表示させることができます。今回は、可愛らしいページを作りたいので「12.ピンク/ロマンティック」を選択しました。

STEP4:ページを編集する

テーマを選択するとページの編集画面へ移動し、チュートリアルが始まります。チュートリアルでは、編集画面の使い方について解説されます。“セクション” “行” “カラム”といった概念の説明からはじまり、ドラック&ドロップでのパーツの入れ方、背景画像の変更方法、ページ公開までの手順を学ぶことができるので、一通り確認しておくと良いでしょう。

①トップのパーツを変更する

まず上部に表示されている画像を変更します。デフォルトではセミナーを意識した画像が入っているので、自分たちの写真に差し替えてみましょう。

画像の部分を選択して左側に表示されるパレットをあしらったアイコン。これをクリックするとセクションのカスタマイズをするためのウィンドウが表示されます。

背景画像は「ライブラリから選択」から行うことができます。あらかじめ用意された画像を選ぶことも可能ですが、ここでは自分で用意した画像を入れてみたいと思います。

「新しい画像をアップロード」を押して、パソコンのフォルダにある画像をアップロードします。

するとこのように、選択した画像が入ります。見出しや申し込みボタンにも結婚式に合ったテキストを入れてみました。不要なパーツは、[非表示]にしておくと良いでしょう。

※写真の人物は僕ではありません。本当は自分の結婚式の写真を使うつもりでしたが、妻からNGを出されてしまったのでフリー素材を使わせていただきました。

②情報を追加する

続いて、イベントにあたって必要な情報を追加していきます。今回選択した利用シーン「イベントやセミナー参加者を募集する」には開催概要というセクションが設定されているので、これを「日程」や「会場」などを変えるだけです。

さらに[セクションを追加]で追加したいパーツの配置を選ぶことが可能です。
ここでは2次会に招待するにあたっての挨拶を入れてみました。

結婚にあたっての2人のコメントや、自己紹介を追加するのもOKです。

③フォームを作成する

One Pageは無料フォーム作成ツールformrun(フォームラン)と連携しており、デザイン性の高いフォームを簡単に作ることができます。

右側のパーツ一覧から「フォーム」を選択し、セクションに追加します。

formrunのサービスサイトよりアカウントを作成し、利用シーンを選んだらフォームの編集画面へと移動します。フォームに必要な項目を選択し、項目名や選択肢を入力するだけ。

出来上がったフォームのURLをパーツに入力するだけで埋め込みが完了します。

④ページを公開する

あとは作成したページを公開するだけ。編集画面左上の公開設定をクリックし、[更新する]を押して公開ページを確認しましょう。

4. 作った後どうすれば良い?

招待する友人に送ってみよう

作成したページを招待者に送りましょう。URLだけ送ってしまうと不審に思われてしまうので一言添えて送ってあげると親切です。

申し込みを管理しよう

formrunでは、申し込みしたユーザーをカンバン方式で管理することができます。参加者・欠席者をドラック&ドロップで移動させ、参加可能状況を整理しましょう。

イベントが終わったら非公開に

作ったページをそのままにしてしまうと公開されたままになってしまうので、イベントが終わったら公開設定を「非公開」にしておきましょう。


まとめ:結婚式のWeb案内状は簡単に作れる