Original

【連載】第1回:One Pageでページを作成して公開しよう!OGP?SEO?全部One Pageで設定できます!

こんにちは。

One Page運営事務局のサメがとても好きな福田です。
皆様、いつもOne Pageをお使いいただき、ありがとうございます!
このブログでは、One Pageを使って素敵なページを作成するためのテクニックはもちろんのこと、運用、集客といった「One Pageを150%活用するためのノウハウ」をお伝えする連載ブログです。
では早速参りましょう!
連載第1回目のテーマは、One Pageでページを作成し、公開するまでの流れをお伝えします。

目次

ページを作成

Webページを作成する前に整理しておきたい2つのこと

ページ作成に取り掛かる前に必要な情報を整理しましょう。
見切り発車でページを作成してしまうと、せっかく魅力的なページでも大事な情報が目立たない場所に置かれてしまったり、情報が散らばってしまい離脱を招く可能性もあります。
次の2点について、あたらめて考えてみてください。

1.誰にサービスを知ってもらいたいのか?

まずは作成するページで紹介するサービスを誰に知ってもらいたいのか、ターゲットを決めておきましょう。
あなたのサービスや製品、プロジェクトをどんなお客様に届けたいですか?


2.どんなページを作成したいのか?

次に、ターゲットにどんな行動をとってもらいたいのかを考えましょう。

  • イベントやセミナーに応募してほしい
  • サービスにお問い合わせを促したい
  • プロジェクトの支援をしてほしい

この時、気をつけたいことは、目的は1つに絞るべきだということです。
欲張って複数の目的を持たせてしまうと、ページに訪れたユーザーが混乱してしまいます。
目的を1つ定めたら、あとはOne Pageで3ステップでページを作成するのみです!

今回は、わたしは「サメが好きな人」をターゲットとして、
「サメ料理を提供するレストランの紹介ページ」を目的にOne Pageで作成してみました!

作成したページがこちらです。参考にしてみてください:https://samesame.one-pg.com/samesame_top

ページを公開

ページを作成したら是非おこないたいこと

さて、ページを作成しました。
でも「作成したからもういいや」なんて思ってはいけません。Webページは「自身のサービスや商品を知ってもらう」ことにあります。

では、知ってもらうためにはどうすればよいのでしょうか。

1.SEO設定をして、検索結果の上位に表示されるページにしましょう

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社のページを多く露出をするために行う対策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。

日々、みなさんも気になった言葉でGoogleやYahoo!などで検索しますよね。そのときに、1ページ目に表示されるコンテンツは見ても、2ページ目以降を読み込むことはあまり無いのではないでしょうか。
SEO対策を徹底すると、検索結果の上位に表示することが可能になります(広告を除きます)。
上位に表示されると、露出が増えるので自然とサイトに訪れるユーザーが増え、結果的にコンバージョン(お問い合わせや購入など)に繋がります。

SEO対策をすると、お金をかけずに集客ができるのです!
細かい対策方法については、別の記事でお伝えしますが、検索上位に表示されるには
ページのタイトルやディスクリプションの付け方がとても重要です。
SEO対策を行う上で大事なポイントを簡単にまとめておきます。

①キーワードを含める
自社のサイトやページに訪れるユーザーはどんなキーワードで検索しているのでしょうか。
検索エンジンは、ページのタイトルや見出しに含まれるキーワードを「そのページのテーマである可能性が高い」と判断します。
ページを訪れたユーザーからしても、検索したキーワードがタイトルや見出しにに入っていなかった場合、自分が知りたい情報がないのではと躊躇してしまいます。

キーワードの調べ方が分からない場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
※参考にしたい記事:「基礎知識:キーワードの検索数を調べる方法

②指定されている文字数で設定する
タイトルは全角35文字前後で検索結果に表示され、それを超過する場合には「…」で途切れて表示されます。
ディスクリプションはおよそ全角120文字を超過した場合に途切れます。
あまり長すぎず、ユーザーにしっかりアピールできる文章を意識して作成します。

③競合サイトのタイトルとディスクリプションを調べる
競合サイトのページを開き、右クリックで「ページのソースを表示」を選択します。

  • <title>○○○○</title>の○○○○にタイトルがあります。
  • <meta name="description" content="○○○○" />の○○○○にディスクリプションがあります。

競合サイトが検索上位に来ている場合は、タイトルとディスクリプションを確認して、キーワードを含めた上で設定をしましょう!
※参考にしたい記事:「基礎知識:SEO(検索エンジン最適化)とは

余談ですが、わたし福田は「サメ 映画」や「サメ B級」でSEO対策をした結果、いまのところ記事が1位に表示されています。
サメに興味、もしくはお暇がありましたら是非読んでみてください。

2.OGP設定をしてSNSにシェアしましょう

OGP(Open Graph Protocol)とは、SNSでシェアしたWebページのタイトルやページの説明文、イメージ画像を正しく伝えるためのHTML要素です。
OGPを設定することで、SNS上でシェアされた際に、設定したタイトルや画像や説明文が表示され、投稿を見た人にページの内容を詳しく伝えることができます。
また、投稿したときに「どんなページか伝わりやすい」ため、投稿を見た人が“いいね”をしたりシェアしてくれる可能性がぐんとアップします。
SNSでシェアする際はもちろん、ユーザーに記事を拡散してもらう際にも重要な役割を担います。

OGPを設定したら下記の画像のように表示されます。ここではTwitterの場合を紹介します。画像やタイトルや説明文も確認できるので、どんな情報がシェアされたのかがわかりやすいですね。

必ずサイト公開前にOGPを設定するように心がけましょう。
特にSNSアカウントをお持ちの皆さん。
作成したページをSNSでどんどん拡散してみましょう!

3.ページ設定をして、公開しましょう

さあSEOもOGPもばっちり設定ができたら、早速ページを公開しましょう!
公開しない限り、ページの成果を見ることはできません。

作成したページを公開したい場合は、ページ一覧で作成したページの[設定]で、「公開」をクリックしていただくだけです!
これらの設定はすべて作成したページの[ページ設定]からできます。

実際にOne Pageで設定してみよう

1.ページ一覧で公開したいページの[ページ設定]をクリック

2.SEO設定をするには、真ん中の[SEO設定]タブをクリックしましょう

3.OGP設定は、右端の[OGP設定]タブをクリックします

4.最後に左端の[基本設定]でページ名を決めて公開してみましょう!

5.ページ一覧では作成されたページが公開中か確認できます。

まとめ:ページを作りっぱなし‥は避けよう

いかがだったでしょうか。

今回はOne Pageを使って紹介ページを作成してみました。さらにSEOやOGPも対策をしてシェアされても、検索されてもいいようなページを作りました。
次回の記事ではページの編集画面をもっと活用するためのフォームの設定についてお伝えします。
操作方法でわからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

Webディレクター Web業界未経験で飛び込んで早2年。プロダクトに携わり、迷いながらも日々奮闘中の新米ディレクター。Webも好きですが、サメが一番好きです。

無料ホームページ作成ツール「One Page」

One Page(ワンページ)は400種類以上のデザインとドラッグ&ドロップの簡単操作により、たった3ステップでホームページを作成することができるツールです。

◆One Pageの特徴
・自由に使える豊富なフォントや画像素材
・コンテンツを考える時間を削減する例文テンプレート
・海外向けのページも作成できる多言語対応機能
・お問い合わせ管理ができるフォーム機能
・初めての方でも安心のチュートリアル

無料から始めることができるので、集客用のページが必要だという方はぜひ一度ご利用ください!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014