Original

ビューティー系のサービスを展開する方におすすめ! One Pageで予約ページを作成してみました

ビューティー系の店舗紹介のページはおしゃれで手が込んでいて、
自分で作成するにはハードルが高そうに感じますよね。

Web制作会社にお願いすればハイクオリティのホームページが作成できるでしょう。

しかし、コストをあまりかけられない、すぐにホームページが必要だという方は
低価格・高品質・短時間の3拍子が揃ったサービスを探すはず。

そんなコストや時間面をカバーするのがOne Pageです。
自分で作れるか不安な方も大丈夫。簡単操作であっという間に店舗紹介のページを作成できます。

というわけで今回は、ビューティー系の店舗紹介のページを作成してみます。

店舗紹介ページに必要な項目

ページを作成するときには、いきなり始めるのではなく、ユーザーがどんな情報を欲しているのかを考えながら構成を組み立てる必要があります。

考えたものを確認し、また組み立て直すのに通常こちらは数時間〜数日かかってしまいます。

そこでOne Pageでは、ページを新規作成する際に、「利用シーン」を選択するだけで
その利用シーンに合わせた最適な構成のレイアウトを提案いたします。

もし項目が足りない場合は追加すればよいですし、多すぎると感じれば削除も可能です。

もちろん、順番を入れ替えて構成をし直すことも可能です。

それでは実際に店舗紹介ページに必要な、基本の項目を挙げてみましょう。


メインビジュアル

ユーザーの、ページに対する印象を左右するのがこのメインビジュアルです。

キャッチコピーや背景の画像には工夫を凝らしましょう。

店舗のコンセプト

ユーザーは「どんな店舗なのだろう」と興味をいだいてホームページに訪れています。

店舗のコンセプトには店舗の簡単な紹介を入れても良いでしょう。

店舗のこだわり

いわゆるその店舗の強みです。

他のサービスと比較したときにその店舗独自の価値をユーザーに提供できることが望ましいです。

店舗情報

ユーザーが店舗に興味を持ってくれたものの、店舗の基本情報がないとそもそも訪れてくれません。

営業時間や休日、お問い合わせ先を明記しましょう。

店舗のサービス紹介

その店舗で扱っている商品を紹介しましょう。

たとえばここからお持ちの通販ページへ導線を引いてもよいかもしれません。

店舗までのアクセス

実店舗の場合でしたらその住所やアクセス方法を

インターネット上のサービスでしたら運営会社の情報やアクセス方法を、

いずれにせよ、ユーザーの信頼を落とさないように、サービス提供者の身元を明るくする必要があります。

店舗への予約方法を説明した流れ

ユーザーが予約方法で迷わないよう、予約方法と予約先を明記する必要があります。

予約システムを導入していない場合は必要ありません。

CTA

CTAはCall To Actionを意味し、日本語で「行動喚起」を意味します。

CTAは、ホームページやSNS上で ユーザーを誘導すること及び誘導するためのテキストや画像に対して使われている用語です。

ここに例えば「問い合わせる」「申し込む」などユーザーの行動を促すボタンがある場合、これもCTAと呼ばれます。

ユーザーに最終的にとってほしい行動を設定しましょう。

さらに店舗紹介ページを完成させるならば、下記の設定も必要不可欠です。

ロゴ

企業、店舗、サービスのシンボルです。

ファビコン

ホームページのシンボルマークとして、ページに配置するアイコンのことです。

ブラウザで新規タブを開いたときに。ひと目で「その企業のサービス」というのが分かるものを設定します。

ドメイン

ホームページのURLなどに使われるドメインは、インターネット上の「住所」を意味し、正確な定義は「インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前」です。ホームページを公開する際に欠かせないものです。

One Pageでは、無料では「one-pg.com」の前にサブドメインを設定するという形で、ドメインを任意のものに変更できます。

ここも是非それぞれの希望のものに変更し、企業やサービスの信頼性を高めましょう。

ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューはWebページの「目次」的役割を持ちます。

このナビゲーションメニューを設定すると、ユーザーにとっても情報が整理されて見える上に、ホームページ内にどんなコンテンツがあるのかを把握しやすく、ユーザーを混乱させることがなくなります。必ず設定しましょう。

SEOやOGP設定

こちらに関しましては連載記事にも記載しております。


​​​​​​​ホームページはただ作成するだけではなく、自分のサービスをもっと知りたいと思うユーザーに、有益な情報を与える場所だということを再確認しましょう。

適切なコンテンツと導線で、ユーザーに自分のホームページのファンになっていただきましょう。

実際に作成してみました

今回のコンセプトは、下記のように設定しました。

・提供するサービス
アパレルがメインの、ライフスタイル提案型の会社が運営する店舗

・ユーザーに取ってもらいたい行動
店舗紹介を見る中で、サービスに魅力を感じて実店舗にきてほしい

・なぜページを作成するのか
実店舗はあるけれど、最近はECサイトのほうが売上が高い状況
実店舗ならではのサービスを提供したい
通常有料のライフスタイルの提案を、前日までの予約で無料にするところがポイント

・作成したいホームページ
シンプルで洗練されている


では実際にOne Page内で必要な項目を満たしたページを作成してみます。

まず作成したいホームページのイメージがある程度決まっているので、それに合わせて新規作成のステップを進めます。

利用シーンでは「店舗紹介」を選択します。

デザインは、シンプルで洗練されているものなので、白を基調とした「14.ホワイト/スタンダード」を選択します。(デザインは後ほど変更も可能です)

メインビジュアル

アパレルがメインなので、服の写真を背景画像として設定しました。

店舗のコンセプト

ライフスタイル提案型の店舗であることを強調しています。
どんな思いで立ち上げたのか、運営しているのか、などといった店舗の概要を説明しましょう。

店舗のこだわり

店舗のこだわりや接客の質について述べました。
資格保有者がいる場合はそれを明記することも、魅力的なコンテンツになります!


店舗情報

営業時間や休日、お問い合わせ先を明記します。

店舗のサービス紹介

店舗に来店することで得られるベネフィットを記載したり、
どんなサービスを提供しているのかを明記します。

店舗までのアクセス

店舗の住所やアクセス方法を記載しましょう。
これにより、ユーザーが店舗に訪れたいときに、アクセス情報を参照しやすくなります。

店舗への予約方法を説明した流れ

どういった流れで予約ができるのかを説明することで
ユーザーが、情報不足で困惑することを防ぎます。

CTA

ユーザーに取ってもらいたい行動を促す画像、テキスト、ボタンを設置しました。


さらに店舗紹介ページを完成させるならば、下記の設定も必要不可欠です。

ロゴ

今回は「シンプル」「洗練」がテーマなので、装飾を施さないロゴを作成しました。

私は英字のロゴを作成するときは下記の無料ロゴ作成サービス、DesignEvoをヘビーローテーションします。

無料で使用できる上に、フォントやアイコンが豊富、そしてダウンロードも無料なのです!

またロゴの推奨サイズは幅300px×高さ50pxのjpg,pngの画像です。

▶無料で英字のロゴを作成するなら

▶他にも無料ロゴ作成サービスがたくさん!

ご自分の作成したいロゴのイメージに合ったサービスをお使いください。

参考記事:https://ferret-plus.com/1521

ファビコン

こちらもロゴと同様にDesignEvoで作成しました。

ファビコンの推奨サイズは152px×152pxのjpg,pngの画像です。

実際に設定してみますと、ぐっとホームページ感が増しますね。


ドメイン

One Pageで作成したので、サブドメインでの設定ですが、店舗の名前をつけました。

ナビゲーションメニュー

今回は他のページへの遷移を考えていないので、ナビゲーションメニューは基本的にページ内の遷移をスムーズにするために各見出しをメニューとして設定しました。

もちろんここから他のページに遷移させることもできるので、ウェブサイトとして体裁をととのえることも可能です。



SEOやOGP設定

こちらも設定しました。


全体をみていただくと、このようにスッキリとまとまったおしゃれなページが作成できました。
(ボタンの色をピンクからブルーに変更)

まとめ

いかがでしたか?

今回はOne Pageを使ってビューティー系の店舗を紹介するページを作成しました。

私の本業とは全く違う業種でしたが、ページを作成する前に「誰に向けた」「どのような」ページを作成するのか、利用シーンも決まっていたので30分で作成できてしまいました!

One Pageで、ご自身の店舗を紹介してみてはいかがでしょうか。



福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

Webディレクター Web業界未経験で飛び込んで早2年。プロダクトに携わり、迷いながらも日々奮闘中の新米ディレクター。Webも好きですが、サメが一番好きです。

無料ホームページ作成ツール「One Page」

One Page(ワンページ)は400種類以上のデザインとドラッグ&ドロップの簡単操作により、たった3ステップでホームページを作成することができるツールです。

◆One Pageの特徴
・自由に使える豊富なフォントや画像素材
・コンテンツを考える時間を削減する例文テンプレート
・海外向けのページも作成できる多言語対応機能
・お問い合わせ管理ができるフォーム機能
・初めての方でも安心のチュートリアル

無料から始めることができるので、集客用のページが必要だという方はぜひ一度ご利用ください!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014