Original

One Pageユーザーインタビュー:有限会社インテリアクレール 篠田様

こんにちは。One Pageプロダクトオーナーの福田です。

最近、とても暑いですね。東京も先日梅雨明けをして、今日も太陽がギラギラ眩しいです。
皆さんも体調を崩さないように気をつけてくださいね。

さて、今回もOne Pageユーザーの方にインタビューをさせていただきました。

お話を伺ったのは、愛知県名古屋市でカーテンショップを営んでいらっしゃる篠田様です。
実店舗の他にもECサイトを運営しており、今回は新しいターゲットに向けたキャンペーンページを作成するにあたってOne Pageをご利用いただきました。

それでは篠田様、よろしくお願いいたします。

目次[非表示]

  1. 1.事業内容と、お仕事をはじめたきっかけを教えてください
  2. 2.いつ頃からECサイトを始められたのですか?
  3. 3.お客様はどんな方が多いのですか?
  4. 4.One Page導入前に抱えていた課題は何ですか?
  5. 5.One Page導入の決め手は何だったのですか?
  6. 6.今後 One Pageを使ってやりたいことは何ですか?
  7. 7.どんな方にOne Pageをオススメしたいですか?

事業内容と、お仕事をはじめたきっかけを教えてください


▲ 篠田様が運営するカーテン専門ECサイト「creer」
https://www.curtainshop.co.jp/

インターネットでオーダーカーテンの販売をしています。

もともとは地元のインテリア関係の会社に勤めていたのですが、独立し、妻と一緒にカーテンの制作・販売事業をはじめました。

当時はバブルの頃で、宅地開発が進んでマンションやモデルルームが新しく立ち並ぶようになった影響から、カーテンの需要が高まっていた時期でもありました。
「デザインカーテン」というものが流行ったのもその頃です。

いつ頃からECサイトを始められたのですか?

インターネットが普及しはじめた1996年からインターネットでの販売を始めました。当時は、オーダーカーテンを扱うネットショップはほとんどなかったので、お問い合わせがひっきりなしに来るような状況でした。

また昔は情報も少なく、「どうしてこんなに高いんだ」とか「どこで買えばいいんだ」とか、オーダーカーテンに関して疑問を持つ消費者も多かったようで、そうしたお客様の相談に乗りつつ、情報を発信していたので、検索エンジンで“カーテン”と調べると上位に表示されるまでになっていました。

インターネット黎明期のそうした経験があって、今でもホームページでの情報発信は集客において欠かせないものだと感じています。

▼ ECサイト「creer」でもお客様のお悩みを解決するコンテンツを紹介しています

お客様はどんな方が多いのですか?

男性・女性問わず40〜50代の方が多いですね。寒い、暑い、窓の外からの視線が気になる、音がうるさい、など五感に関わる悩みを持っていて、その問題を解決する手段としてカーテンを探しておられる方からご相談いただきます。

現在インターネット上には情報があふれているのですが、「何が正しいかわからない」っていうのが多くのお客様の悩みで。私たちはそうしたお客様の悩みに徹底的に寄り添い、提案をさせていただくようなスタンスを取っています。

例えば、先ほどお伝えしたような、五感に関わる悩みにしても、人によって感じるレベルって全く違うんですね。住環境や季節によっても、オススメのカーテンが変わってきます。
お客様の状況や感覚に合わせて最善の提案をする、というのが他社に負けない点ですね。

One Page導入前に抱えていた課題は何ですか?

テストマーケティングをするための準備が大変だった、ということですかね。

実はこれまでECサイトでは、幅広い消費者の方に訴求する形で集客を行ってきたのですが、よりコアな、新しいターゲットに対して、ユニークなサービスを提供できないかと考えたんです。
私自身が持つ、カーテンや、カーテンを販売するために学んでいた風水に関する専門知識をより多くの方のために役立てたいという思いもありました。

そこで、カーテン選びを代行する「ミステリーカーテン」というサービスや、インテリアコーディネーターの方に風水の知見を学んでもらうWebセミナーなど、新しい事業を紹介するためのWebページを作成しようと考えたんです。

しかし新しいページを作るにあたっては、サーバーを用意したり、ドメインを取得したりするのが面倒でしたし、デザイン面でも、無料で使えるツールではテンプレートに汎用性がないなどの問題がありました。とはいえ、テンプレートを作るために操作をイチから学ぶのも億劫でした。

そんなタイミングで見つけたのがOne Pageだったんですね。
興味本位で始めたところ、思った以上にサクサク作れたのでビックリしました。

▼ 新しい企画として始めた「ミステリーカーテン」

https://curtain.one-pg.com/

▼ インテリアコーディネーター向けのWebセミナー

https://interior.one-pg.com/

One Page導入の決め手は何だったのですか?

主に操作性と、デザインの部分ですね。

特にマニュアルがあるわけでもないのに、直感的にカラムを増やせたり、位置を調整できたり、目玉マークをクリックしたらパーツが消える、とか、動作がとても分かりやすいんです。

過去にいくつか同じようなツールを利用したことがあるんですが、そのツールのテンプレートは、構成がある程度決められていて、動かせないことも多いので不便に感じることが多かったんです。One Pageの場合は、構成の順番を変えたり、消したり足したりできるので、感動しました。まさに「自分のイメージ通りのものが作れるツール」だと感じました。


今後 One Pageを使ってやりたいことは何ですか?


▲ お仕事のご様子。パソコンにはOne Pageで作成したキャンペーンページが。

現在の運営中のECサイトでは、色んな悩みの情報が網羅されてしまっているので、今後はより細分化した悩みにフォーカスしたページを作る予定です。さらにユニークな企画やイベントを発信するためのページをOne Pageで作っていきたいと考えています。

どんな方にOne Pageをオススメしたいですか?


▲ 笑顔がとっても素敵な篠田様。インタビュー中も常に笑顔でいらしゃいました。

多少なりともホームページに触れた経験がある人であれば、本当にサクサクとページを作れるのでオススメですね。例えば、メインのホームページがあるんだけど、自社でイベントをしたいとか、期間限定のキャンペーンを新しく始めたいとか。制作会社に頼むまではいかないけど、それなりにキチンとしたページが欲しいという方にオススメしたいです。

ちなみに、先日「このページ、どんなツールで作ったの?」と友人に訊かれたんですけど、「今時、One Pageですよ。知らないんですか?」と、それとなく紹介しちゃいました。



篠田様、お忙しいところインタビューにご協力いただきまして、ありがとうございました。

新しい企画のテストマーケティングにOne Pageを使っていただくという観点でも、よりテンプレートや機能をブラッシュアップして参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

今の時期は日差しが強くなるので、遮光性や通気性の高いカーテンが人気になるのでしょうか?
カーテンをお探しの方は、篠田様にご相談してみてはいかがでしょう。

▼ 篠田様が作成したWebページはこちら

https://curtain.one-pg.com/

https://interior.one-pg.com/

皆さんもぜひ、One Pageでホームページ作成、楽しんでくださいね。

▼One Pageサービスサイトはこちらから
https://one-page.cloud/

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

Webディレクター Web業界未経験で飛び込んで早2年。プロダクトに携わり、迷いながらも日々奮闘中の新米ディレクター。Webも好きですが、サメが一番好きです。

無料ホームページ作成ツール「One Page」

One Page(ワンページ)は400種類以上のデザインとドラッグ&ドロップの簡単操作により、たった3ステップでホームページを作成することができるツールです。

◆One Pageの特徴
・自由に使える豊富なフォントや画像素材
・コンテンツを考える時間を削減する例文テンプレート
・海外向けのページも作成できる多言語対応機能
・お問い合わせ管理ができるフォーム機能
・初めての方でも安心のチュートリアル

無料から始めることができるので、集客用のページが必要だという方はぜひ一度ご利用ください!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014