Original

【連載】第7回:アクセス解析って難しい?Google Analyticsでユーザーの動向を分析してみよう!

こんにちは。
One Page運営事務局の黒瀬です。
いつもOne Pageをご利用いただき、ありがとうございます。

「One Pageのユーザー様にもっとOne Pageを知って使ってほしい」というテーマで連載しているこのノウハウブログも、第7回となりました。

前々回となる第5回の記事では、One Page内の機能によってページの “訪問数” と “PV数” を確認する方法についてお伝えしました。
今回はさらに一歩踏み込み、より詳細なアクセス解析を可能とするGoogleアナリティクスの導入について説明していきたいと思います!


▼過去の記事はこちらから(全10回)

  1. 【連載】第1回:One Pageでページを作成して公開しよう!OGP?SEO?全部One Pageで設定できます!
  2. 【連載】第2回:One Pageで作成したページフォームを設置してみよう
  3. 【連載】第3回:ドメイン?サブドメイン?サブディレクトリ?SEO効果があるのはどれ?
  4. 【連載】第4回:WOVN.ioで、海外向けの多言語化ホームページもらくらく作成
  5. 【連載】第5回:ページを作成して放置していませんか?アクセスレポート機能でPDCAサイクルをまわそう!
  6. 【連載】第6回:知らないと損するイケてるホームページを作成する方法

目次

Google Analytics(グーグルアナリティクス)について

Google Analyticsとは?

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。
Googleの各種ツールと連携可能であり、導入コストもかからないため、日本では最も有名なアクセス解析ツールとなっています。

Google Analyticsでなにができるのか?

1.  閲覧データの計測

Google Analyticsと連携することで、そのページのアクティブユーザー数やその動向、ボタンのクリック数などを解析することができます。
またGoogleのデータと連携しているため、ユーザーの年齢・性別・関心分野といった属性についての情報も見ることができます。

こうした機能によって、ページの強みや改善点を見つけ出し、集客の増加にもつなげることができます。

2. 各種Googleツールとの連携

GoogleサーチコンソールやGoogle Adsenseと連携させることで、より詳細な解析を行い、SEO対策や広告運用に役立てることが可能です。
One PageでこれらのGoogleツールを導入する方法については、以下のページからも確認できます。

One PageにGoogle Analyticsを連携しよう

まずは、Googleアナリティクスに登録します。

1)下記のリンクよりGoogle Marketing Platformにご自身のGoogleアカウントでログインします。
https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/
※Googleアカウントをお持ちでない場合は、Googleアカウントの作成が必要となります。

2)ログイン後(もしくはアカウント作成後)、 Analyticsの設定ページより、「お申込み」に進みます。

3)新しいアカウントの登録画面で、必要項目を入力します。

4)登録後、トラッキングIDが発行されます。
トラックングIDは、Googleアナリティクスの[設定]→[プロパティ設定]でも確認できます。

5)One Pageの[基本設定]メニューの[Google連携]タブをクリックします。
[Google Analytics]に、トラッキングIDを入力します。これで登録完了です!

これで、Google Analyticsのページを開くことで、設定したページのデータを確認することができます。

まとめ

いかがでしたか?
アクセス解析ツールを使用したことがなくても、意外と簡単に導入できたのではないでしょうか。

「ページの集客を増やしたい」、「どういったユーザーにどのように見られているのか分析したい」という方は、ぜひGoogle Analyticsに登録し、今後の運用に役立てていただければと思います!

黒瀬奈奈子(クロセ ナナコ)

黒瀬奈奈子(クロセ ナナコ)

都内の大学に通う大学4年生。現在One Pageでインターン中!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014