Original

One Pageユーザーインタビュー:琉球大学 荒川様(「チームうるま琉球」所属 )

こんにちは。One Pageプロダクトオーナーの福田です。

いよいよ8月も終わりを迎えていますが、涼しくなる気配が皆無ですね…。
​​​​​​​涼しい季節が大好きな私としては、正直早く秋になって鈴虫の鳴き声に癒やされたいと思う日々です。
東京の夏はあまり好きではないのですが南国はとても好きです。この違いは湿度なのでしょうか…

さて、今回はなんと沖縄在住のOne Pageユーザーの方にインタビューをさせていただきました!
お話を伺ったのは「チームうるま琉球」というヨットチームに所属する、琉球大学国際地域創造学部の教授、荒川様です。ヨットチームの活動紹介ページとして、One Pageをご利用いただいています。

それでは荒川様、よろしくお願いいたします!

目次[非表示]

  1. 1.まずは活動内容について教えてください
  2. 2.具体的にはどういった活動をされているのですか?
  3. 3.One Page導入の経緯を教えてください
  4. 4.One Pageを使ってやりたいことはありますか
  5. 5.どんな人にOne Pageをすすめたいですか

まずは活動内容について教えてください

「チームうるま琉球」は総勢30名ほどの大規模なヨットチームです。
主にレースへの参加をはじめ、ボランティア活動として、ヨットでの交流を通して海の素晴らしさを伝える取り組みをしております。

「チームうるま琉球」は沖縄内では数少ないチーム制で動いており、
自分たちの活動について「もっと知ってもらいたい」という気持ちで運営しています。

メンバーは主にお医者さんや議員さん、市役所の方など「堅め」の職業の方が多いですね。
こういうと「ヨットはお金持ちの道楽」と思われがちですが、全員がお金持ちでヨットを所有しているわけではなく、シェアしているんです。

具体的にはどういった活動をされているのですか?

レースへの参加やセールトレーニングを、月に1回から2回ほど行っております。1つのヨットにおよそ7~8名乗ることができるので、私も月に1度くらいは参加しております。
(ちなみに艇を沖に出さないヨットの上での宴会は、しょっちゅう行っています)

つい先日は台湾から石垣島や宮古島まで渡る「外洋レース」というものに参加してきました。
台湾までヨットを持っていくのに4・5日かかり、レース自体は30時間くらいなので、参加するときは1週間ほど仕事を休むんです。
今回は参戦2年目にして、台湾艇や香港艇、マレーシア艇も参加する中、グループB総合優勝を果たしました。

実は最近、ヨット人口も減少する一方でヨットに興味を持つ若い人が少ないんです。
「本当は気軽に楽しめるレジャー」なのに、他のマリンスポーツに押されているのが現状です。

沖縄の宜野湾ヨットマリーナには400隻以上もヨットが停まっていて、その中にはヨットを貸し出して宿泊ができたり、中で暮らしている人もいるんですよ。
マリーナでぶらぶらするだけでも、声をかければ快く乗せてくれるほど、ヨットをやっているひとたちはゆったりとしておおらかです。ヨットに乗れる体験を、お金をかけずにできてしまいます。

また「チームうるま琉球」は会費がゼロ円なので、ヨットは「オープンで気軽に楽しめる」ということをもっと知ってほしいです。

One Page導入の経緯を教えてください


▲チームうるま琉球の作成されたページです。
https://team-uruma-ryukyu.one-pg.com/


「お金をかけず手早くホームページを作成できるサービス」と探したときに、偶然FacebookでOne Pageを見かけてとりあえず登録してみたことがきっかけです。

最初からホームページを作ろうと思ってたどり着いたわけではなく、少し触っている間にできてしまったのです。
文章や写真は用意していて、移行をするという作業は発生したのですが、1時間かからないくらいで作成できました。

ちなみに、いままで似たようなサービスを利用したことはなく、初めて1人で作成しました。

「ホームページを作成する」となると料金がかかったり、こだわりを持ち始めるとなかなか公開できなくなり、気軽に作成できるというサービス自体が少ないですが、One Pageは「こんなに速く作れるんだ!」と驚くほど速かったです。

One Pageを使ってやりたいことはありますか

「お金持ちの趣味」「気軽にできなさそう」というイメージを抱かれがちなヨットが「実はとても簡単だし気軽に乗れるもの」だと広く伝えたいです。

「ヨット=別世界の娯楽」と捉えがちなのですが、誰でも気軽に入っていける世界なんです。
また沖縄の観光資源の1つとして、「もっと知ってほしい」「有効に活用してほしい」とも思っています。

ヨットをやっている、内側の人間からも情報を発信するべきだと思っているので、ブログも作成しております。

▼「チームうるま琉球」が運営するブログ
https://teamurumaryukyu.ti-da.net/

どんな人にOne Pageをすすめたいですか


One Pageを薦めたいのは「いまホームページを作成したいけれど、お金がかかるからためらっている」という方です。

ホームページの制作代行を依頼した経験がある方なら、分かるかと思うのですが、なんだかんだ見積もりよりも金額が膨らんでしまって、結局「ホームページの作成ってお金がかかるよね」って思われてしまうんです。

そういった経験をされた方に、「One Pageなら作成手順も書いてあるし、チュートリアルもある。その通りにやれば本当にさくっと1人で作成できてしまうよ」ということを伝えたいです。




荒川様、お電話でのインタビューにご快諾いただき、誠にありがとうございました!

お話しながら「沖縄に行ったときに、ヨット体験もしたい」と思ってワクワクしていました。
今後の活動にOne Pageがお役に立てるならば、とても嬉しいです。


「自分の活動をもっと知ってほしい」「みんなの知らないこんな世界を紹介したい」という方は、ぜひOne Pageを使って宣伝してみてください。

▼One Pageサービスサイトはこちらから
https://one-page.cloud/

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

福田ひとみ(フクダ ヒトミ)

Webディレクター Web業界未経験で飛び込んで早2年。プロダクトに携わり、迷いながらも日々奮闘中の新米ディレクター。Webも好きですが、サメが一番好きです。

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

ユーザー向け記事一覧

登録番号 IA180169  適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014